ドレーパーの日記

楽しい幼稚園生活を通じて学び、成長している子どもたちの姿

創立記念礼拝 記念会食 61年目

創立記念の感謝礼拝

幼稚園をこの地に作りましょう!と大塚平安教会の皆さんが動いて下さったおかげで、今日の楽しい幼稚園生活があります。

会食の会場準備は年長さんがやってくれました。

カレーづくりの仕上げはルーを入れます

みんなそろって、いただきます!!!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

1962年(昭和37年)にドレーパー記念幼稚園は設立されました。

最初は教会の活動の一つとしての取り組みで、宗教法人大塚平安教会付属の幼稚園でした。

最初の年は幼稚園の園舎はなくて、教会の礼拝堂を使っての幼稚園生活でした。

時代の流れの中で幼児教育を専門で行っていけるように「学校法人大塚平安学園」として、 教会の活動とは別の幼稚園になりましたが、変わらずに教会と幼稚園の関係は祈り、祈られる絆で結ばれています。

前列で定礎の石版を掲げているのが当時の大塚平安教会の牧師、幼稚園の初代園長の乙幡和雄(おっぱたかずお)先生、その右隣が乙幡義子(おっぱたよしこ)先生。

前列、左端が大塚平安教会員として、この地に幼稚園を設立する必要性を強く思い、そのために大変なご尽力をされた角田敏太郎(つのだとしたろう)さん。

園長先生のお父さんは後列の左端にいます(#^^#)