ドレーパーの日記

楽しい幼稚園生活を通じて学び、成長している子どもたちの姿

親子遠足 引地台公園

今日は親子遠足で大和の引地台公園に行きました。

園庭に集合し、親子で出発です。

幼稚園から徒歩三分のかしわ台駅東口。

そこから、ホームまでは長い道のり。

なんと、日本で一番長い連絡通路!?でテレビの陳百景にでたとか。

これには、ドレーパー記念幼稚園も大きくかかわっている、理由があります。

が、これは、どこかで紹介したことがあったか・・・過去のブログを調べて後ほど紹介。

で、電車で大和駅に。

ここで、保護者の方と一旦おわかれ。

引地台公園までは子どもたちだけで行きます。

 

到着。お父さん、お母さんにあえて一安心。

礼拝をして

記念写真

お弁当を食べて

遊具や

 

 

 

ザリガニ釣り

最後は礼拝でさようなら

楽しい一日でした。

明日、5月21日(土)は、コールエンジェルさんによるドレーパー春まつり!

お子さんと一緒にご参加ください。

雨が降ってもやります!!

 

かしわ台駅東口の秘密・・・

ドレーパー記念幼稚園から駅までは徒歩、3分。

駅までは徒歩3分ですが、電車に乗れる場所までの距離が長い。

その秘密には幼稚園と教会が大きく関連しています。

相鉄線の現在のかしわ台駅東口の場所には昔、50年近く前までは大塚本町

という駅がありました。

人口が増えているのに・・駅は小さく、古い・・・大塚本町駅

相鉄は横浜寄りにさがみ野駅、海老名よりにかしわ台駅を作って・・大塚本町駅は廃止・・・。という計画を立てました。

が・・そうなると今まで利用していた駅がなくなって不便になる・・・

何とか大塚本町駅を残そうと地域の方たちが団体を組織しました。

その団体の代表が当時の大塚平安教会の牧師、ドレーパー記念幼稚園の園長の乙幡和雄先生だったのです。

その活動の成果として、かしわ台駅東口として改札口が残り、今の様な形になっているのです。